本紹介

【書評】これから副業を始めたい人へ!Amazon輸入ビジネスの極意

こんにちは。ぎゅうです。

昨今、副業に関して注目が集まってますね。

かくいう僕も副業がてらブログを書いてライティングスキルを高めようという身です。

副業といえどもたくさんあります。

例えばブログ、動画編集、せどり、コンサルなどでしょうか。

そんな中でも注目されているせどり、Amazon輸入に特化したせどりについて

とても濃密なバイブルがあるので今回は紹介します。

それが「いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意」です。

儲かるとあからさまに書いてある本は怪しいとも思いますが、

内容を読んでみるとできそうなことが数多く書かれており

ステップを踏んで項目も分かれているので取り掛かりやすい気がします。

今回はこちらの書籍を紹介します。

それでは早速いきましょう。

著者の人生を変えたビジネスの極意が書かれた一冊

著者は竹内亮介さんという実業家の方です。

現在、R.グローバルジャパンの代表取締役をされてます。

竹内さん自身もほぼ資金ゼロからAmazon輸入ビジネスを始められて、1年で月収100万円、2年目には月収200万円を達成されたそうです。

これだけを聞いても何とも夢がある話ですよね。

ただ夢ある話には裏があるのもよくある話です。

ですが、本書はみる限りうまい話よりは地道にコツコツという内容が多いです。

なので一気に爆発的に稼げるよりも数多く実行することで収入を伸ばす方法なので、現実味があると思います。

僕自身はまだせどりに取り組んだことはないのですが、本書を読む限り、一つずつ取り組めば出来そうな気がしました。

本書の概要

本書の概要はこちらです。

タイトル:いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意[第2版]
著者  :竹内亮介
ページ数:404ページ
出版社 :秀和システム
発売日 :2021年2月18日
価格  :2,200円

400ページ以上とかなりのボリュームの本書ですが、それにも理由があります。

本書は8章にわたる構成で作られており、最初の1章ではAmazon輸入ビジネスのメリットについて書かれてます。

2章から7章までは実際にAmazon輸入ビジネスをはじめてから稼げるようになり、その月収に応じての稼ぎ方が書かれてます。

そして各章ごとに月収に応じて仕事のウエイトが変わるのでどのようなツールを導入すべきかどのようにビジネス展開していくかが詳細に書かれてます。

本書のいいところはレベルに応じて各章が分かれているので、その時の自分のレベルに応じてどこを読めばいいのかがわかるところです。

シンプルで簡単に始められるのがAmazon輸入ビジネス

Amazon輸入ビジネスがオススメと言われても、輸入ビジネスと聞くと難しそうなイメージを持たれると思います。

ですが、このAmazon輸入ビジネスというのはとてもシンプルで簡単です。

しかも初期投資がそこまで掛からずに始められるのもポイントです。

冒頭でも書きましたが、副業は簡単にかつ初期投資がそこまで掛からずに始められるものが多いです。

そして簡単に始められて尚且つ初期投資がそこまで掛からないものを選ぶべきだとも思います。

それはなぜかというと、初期投資を掛けずに始められるということは上手くいかなかった時にすぐに撤退できるからです。

僕たち普通のサラリーマンが副業を始めるにあたって気をつけなければいけないのはハイリスクハイリターンは避けることで撤退がすぐできる、要はすぐに切り替えられることが大事です。

なのでAmazon輸入ビジネスはその条件が揃っているので僕たちサラリーマンが始めるにはオススメの副業と言えます。

では次からは具体的にAmazon輸入ビジネスのメリットを詳しく書きます。

安く買って高く売ることなので始めやすくリスクが低い

Amazon輸入ビジネスの原理原則は至ってシンプルです。

それは「海外のAmazonから安く仕入れた商品を日本のAmazonで売る」ことだからです。

実は海外のAmazonでは日本のAmazonでも売られている商品が多数存在します。

そして海外Amazonで売られている商品を日本Amazonで売って、差額分を利益として出すというシンプルでリスクが限りなく低いビジネスができるのです。

シンプルに始められる理由は他にもあります。

それがこちらです。

シンプルに始められる3つの理由
  • アフィリエイトのようにブログやHPを作る必要がない
  • 文章を書くスキルや専門知識も必要がない
  • 株・不動産・FXのようにリスクも高くない

このように特別なスキルが必要ないので、仕事の合間に副業をしたいと考えているサラリーマンでも、普段は家庭のことで忙しい主婦の方やご年配の方でも簡単に始められるのがAmazon輸入です。

ここまで読まれた方はもしかするとただの転売でどうしてそこまで儲けられるのかと思う方もいるかもしれません。

ビジネスの基本は価値提供です。

価値提供というのは「誰かが面倒だと思っていることを代わりに行うこと」です。

スーパーであっても同じように多くの商品を色々なところから集めて、一箇所で日用品から食料品まで揃えることで価値を提供してます。

ではAmazon輸入ビジネスでの価値提供はというと海外で売られているものを海外サイトで探して買う、輸入するという作業をして日本国内で手に入れるという作業を代行しているということです。

どんなビジネスでもそうですが、必ず「誰にどんな価値を提供しているのか」を意識してビジネスを行うと、いろんなことにアンテナを向けることができます。

Amazonとともに成長し続けることで安定成長できる

経済産業省の調査によると、ネットショッピング市場規模は2019年に19.4兆円、2020年はネットショッピングサービスをしていた企業が一部閉鎖したなどで19.3兆円と若干下がってますが、Amazonは2桁成長と以前成長してます。

とくにコロナ禍になって店舗で買うよりもネットショッピングが主流になった今、Amazonが更に成長していくことは容易に想像できます。

実際にAmazonは日本国内で月間5000万人以上が利用されていると言われ、まだまだ伸び続けてます。

そんなAmazonに出店をしてビジネスをすることができることが、Amazon輸入ビジネスは他のビジネスより有利な点です。

今ではAmazonは最大手のネットショッピングですが、当初は書籍のみを取り扱ってました。

ですが、今は約5000万種以上の商品を取り扱っており、これだけの商品を扱っているということはそれだけチャンスもあると考えられます。

ビジネスで必須な作業をAmazonに一任できる

Amazon輸入ビジネスの最大のメリットはAmazonで販売できると書きましたが、そのメリットはこの2点と言えるでしょう。

Amazon輸入ビジネス2つのメリット
  • Amazonの集客力を利用できる
  • Amazonの販売力を利用できる

Amazonの集客力を利用できる
Amazon輸入ビジネスのメリット一つ目はAmazonの集客力を利用できることです。

なぜAmazonは圧倒的な集客が可能かというと、商品をGoogleやYahoo!で検索するとほとんどがAmazonのリンクが検索の1番上にヒットするからです。

自作したネットショップだとSEO対策をしたり、広告を出したりなど費用をかけないと集客は難しいです。

僕もブログをやってアフィリエイトも少しやってますが、ネットビジネスで重要なのは集客力です。

この集客力をAmazonの力を借りて出来るに越したことはないので、最初から集客力がある状態でビジネスを展開できます。

圧倒的な販売力を利用できる
またAmazon輸入ビジネスでは、Amazonの集客力と信用・ブランド力で、需要さえあれば売れていきます。

人気商品を大量仕入することができれば、コストを下げて回転良く商品販売が可能です。

なのでせどりを行うなら稼ぎやすいプラットフォームとして確立しているAmazonがいいと竹内さんは言ってます。

物流を外注でき、効率よく稼ぐことができる

Amazonで販売を始めるのにあたり、竹内さんがオススメしているサービスがFBAというものです。

FBAとはフィルメント by Amazonの略で、Amazonが提供している販売サービスです。

出品者は商品をFBA倉庫に納品しておけばよく、その後の作業は全てAmazonが代行してくれます。

ちなみにその後の作業とは商品の保管、注文処理、梱包、出荷、配送に関する問い合わせから返品対応までとやることてんこ盛りでこれを全てAmazonが代行してくれるのです。

そして日本には全国にFBAの物流拠点があるので、FBAを利用することで普段僕たちが使っているAmazonと同じサービスレベルで消費者に届くことができるようです。

本書では初歩の初歩からやり方が書いてある

ここまでAmazon輸入ビジネスを行うことのメリットを書きました。

上で書いたことは本書で書かれていたことで僕がメリットだなと感じたことを記載しました。

では、どのようにAmazon輸入ビジネスを始めるかとなりますが、その際に本書はかなり役立ちます。

その理由はAmazonの販売アカウントの作り方や初歩的な部分から細かく書いているからです。

まずはアカウントを作って、その後にクレジットカードに登録してと段階を追って手順が書いてあり、パソコンの画面も載せてあるので参考にして始めるのにオススメの書籍です。

またいざどのように商品を探していくか、またパソコンに例えば市場価格がわかるツールなどあるのですが、それらのダウンロード方法なども細かく書かれてます。

さらに各項目での登録などの注意点や、もしこういった画面ができたらここを注意するなど、初心者が躓きそうなところも丁寧に書かれているのもありがたいです。

なのでこれから副業を始めてみようと思っていて、せどりに興味がある人にとっては本書とパソコンがあれば容易に始められるはずです。

終わりに

本書は400ページ以上のボリュームに渡っており、まずは月3万円からスタートして、そこから徐々に規模を大きくし目指すは帯でも書かれている月収200万円です。

帯では1日1時間程度で月収200万円稼げると書かれてますが、すぐに実現可能かというとそうではありません。

僕たちサラリーマンが副業を始めるうえで大事なのは小さく始めることです。

Amazon輸入ビジネスもそうですが、他にもブログやライティング、動画編集やプログラミングなど副業はたくさんあります。

先ほども書いたように小さく始めるのはすぐに撤退できるという意味も含まれてます。

自分が好きなことで稼げるのが理想ですが、是非いろいろとチャレンジして自分に合った副業を探してみてください。

チャレンジすることで自分の可能性を広げることができますし、何より1円でも自力で稼いだという経験は何よりも変え難い価値を生みます。

きっと皆さんの視野を広げるきっかけになってくれるはずです。

そんな感じでいきましょう。

最後に気になる方はリンクを貼りますので、是非こちらかご覧ください。
Amazon → https://www.amazon.co.jp/dp/4798064114/
楽天 → https://books.rakuten.co.jp/rb/16630813/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村