ヒゲ脱毛

メンズ脱毛を始める人が知りたいことを教えます

こんにちは。ぎゅうです。

ヒゲ脱毛を始めてから美容に少しだけ興味を持っている今日この頃です。

ちなみに僕自身はメンズクリアでヒゲ脱毛から始めた身です。

この記事ではメンズ脱毛に興味がある方が気になることやメリットについて書きました。

今回の記事はこんな方にオススメです。

こんな方にオススメです
  1. メンズ脱毛のメリットを知りたい方
  2. 脱毛の種類を知りたい方
  3. 脱毛を始めてからの注意点

このブログは新卒で入社した会社に13年勤務し現在中間管理職をしている僕がそこそこの暮らしからステップアップする為にチャレンジしてることを書いているブログです。

それでは早速いきましょう。

僕自身の脱毛経験

はじめに僕自身の脱毛経験からお伝えします。

というのもそもそも脱毛をしてないやつから脱毛のことを書かれても何も説得力がないはずです。

とはいえ、僕自身も脱毛自体は2021年12月から始めたばかりでメンズクリアに通ってヒゲ脱毛をしてます。

まだ4回なので少しヒゲの伸びる進行度合いが遅くなったかなぐらいです。

なので僕自身も経験自体はまだ浅く結果が出たわけではないですが、ヒゲに限らずとも脱毛に興味がある方は非常に増えていると聞きます。

実際に僕の職場でも脱毛の話が出てきますし、僕自身も会社でお取引しているお客様から薦められて始めました。

メンズ脱毛のメリットとデメリットは

メンズ脱毛をするのが注目されていることはわかりました。

じゃあなぜ注目されているのか、どういったメリットがあって、どんなデメリットがあるのかをまとめてみました。

まずメリットからですが、3つあります。

脱毛の3つのメリット
  • 自己処理の手間が省け時短になる
  • 女性からの好感度がアップする
  • 肌がきれいになる

続いてデメリットについても先に記載します。

それがこちらです。

  • 脱毛方法によって痛みを感じてしまう
  • 将来もしも毛を生やしたくなったとしても難しい

ではそれぞれ詳しく書きます。

自己処理の手間が省け時短になる

なんと言っても1番のメリットは自己処理をする手間が省けることですね。

毎日のヒゲの処理だけでも毎日5〜10分ほど使っていると言われてます。

その時間が省けるだけでも大きなメリットだと言えます。

それに毎日カミソリで髭剃りをしていると顔の皮膚トラブルにも繋がります。

とくにヒゲは人によって濃さも違いますので、濃い人だとなおさらではないでしょうか。

そして全身の脱毛ですとさらに手間は省けると言えます。

最近ではご年配の方でも介護の迷惑をかけたくないから全身脱毛をするという方もいるようです。

僕自身はそういった視点は全く持ってなかったので、いずれはそういったことも考えつつ全身脱毛もアリだなと思いました。

女性からの好感度がアップする

ヒゲが濃い人だと日中にヒゲが徐々に生え始めるはずです。

僕の周りでも夕方ごろにはヒゲがうっすら青くなってくるのでシェーバーを鞄に入れている人もいます。

今の時代ですとマスクを着用しているので、ヒゲを気にすることはあまりないですが、女性は僕たちが思っている以上にヒゲを見ているようです。

反対に僕たちも気になる女性と距離が近づいた時に鼻毛が出ていたり、産毛みたいなヒゲがうっすら生えていると気になるはずです。

なのでヒゲや眉毛だけでなく露出している部位の体毛が整えられていると、女性には「清潔感がある人」と印象付けられます。

結果として女性からの好感度が上がるかもしれません。

肌がきれいになる

3つ目のメリットは肌がきれいになることです。

夏場だと肌の露出が増えます。

そんな時に体毛が濃いと露出がしづらくなりますよね。

それも脱毛をすることでの大きなメリットだと言えますが、それ以上に大きい効果が肌がきれいになることではないかと思います。

ヒゲもそうですが、体毛に関しても処理をするにはカミソリなどを使います。

カミソリを使うと肌は当然傷つきます。

そうなると肌荒れにもなりますし、切って出血した際には吹き出物が出ることもあります。

しかし脱毛をすることによってそういった不安は一掃されます。

体毛を気にしなくなるだけで自己肯定感を高めることができるのです。

脱毛をする上でのデメリットはデメリットにならない

続いて脱毛のデメリットですが、2つです。

一つ目が脱毛方法によって施術時に痛みを感じるです。

脱毛には医療レーザー脱毛やニードル脱毛では永久脱毛が可能ですが、施術時に強い痛みがあります。

痛みを伴っての永久脱毛か自己判断が必要です。

とくにヒゲやVIOなど毛が濃い部分は脱毛の施術時に強い痛みを感じやすいです。

二つ目は将来的に毛を生やしたくなっても難しいことです。

レーザーやニードルの永久脱毛、光脱毛であっても一度脱毛を行うと毛は生えにくくなります。

なので気分が変わって毛を生やしたくなっても生やすのは難しいです。

また全身脱毛はまだ市民権を得たとは言えないので温泉など行くには抵抗があるかもしれません。

脱毛の種類は主に3種類

脱毛方法には大まかに3種類あります。

ただ、3種類といってもまず脱毛には医療脱毛と美容脱毛という2つのタイプに分類されます。

何が違うかというと医療脱毛は永久脱毛を目指すが痛みが感じやすい、美容脱毛は永久脱毛とまではいかないものの毛が薄くなる。
そして痛みは医療脱毛ほどではないという違いです。

本題に戻って、まず脱毛の3種類はこちらです。

脱毛の種類
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • 光脱毛

それではここからは3種類の脱毛について書きます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は「医療行為」に該当するため、専門医療機関や美容クリニックに所属する医師や看護師が行う施術です。

「医療行為」ですが、保険の適用外となってしまうので値段は高くなりやすく、痛みを感じることが多く、施術後の炎症など肌トラブルが発生する可能性はありますが、脱毛効果が高いので脱毛に時間をかけたくないという人にはオススメです。

ニードル脱毛

レーザー脱毛や光脱毛では難しい白髪やメラニンの薄いうぶ毛にも施術をすることが可能なのがニードル脱毛です。

ただ、毛穴に一本一本直接はりを差し込む必要があるため、時間がかかります。

その為、全身脱毛には無数、熱く刺すような痛みを伴います。

光脱毛

光脱毛は医療関係者の施術ではないので美容脱毛に該当します。

その為、レーザー脱毛やニードル脱毛と比較すると、照射する光が弱いため永久脱毛は出来ず、あくまで減毛、抑毛効果が得られる脱毛方法です。

脱毛サロンやクリニックが初めてで痛みに敏感な方やとりあえず脱毛を試したい人にオススメです。

脱毛時の注意点は?肌トラブルに気をつける

いざ脱毛をはじめるとなった時に施術を受ける前後でも気をつけないといけないことがあります。

その際に気をつけることをいくつか書きます。

肌の乾燥に気をつける

一つ目は肌の乾燥に気をつけることです。

なぜかというと肌を乾燥させると満足いく脱毛効果が得られないからです。

場合によっては施術時に乾燥している部分は受けられないこともあります。

なのでまずは保湿クリームなど塗って肌を保湿することです。

日焼けをしないように気をつける

日焼けをしている部位に光を照射するとやけどの危険性があります。

なので日焼けクリームを塗ったり、アームカバーを着けるなどして注意しなければなりません。

日焼けの具合によっては施術を受けられない時もあります。

終わりに

脱毛は今まで女性が行うものというイメージでしたが、今ではすっかり男性の脱毛も認知されてきました。

そして実際にメンズ脱毛のサロンも増えており、僕が通っているメンズクリアも予約が取れないこともよくあります。

是非、脱毛に興味がある方はトライアルを受けられるサロンもあるので一度トライアルしてみてください。

最初は敷居が高く、申し込みするのに勇気が入ります。

でもその壁を乗り越えるとあとは慣れて通うのにも抵抗はなくなります。

メンズクリアですと無料カウンセリングもしておりトライアルもできるのでオススメです。


そんな感じでいきましょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村