考え方

アメとムチと目標管理

こんにちは。ぎゅうです。

僕は子供がいるのですが、最近子供がプリキュアに目覚め始めてプリキュアの変身グッズが欲しいと駄々こねて奥さんが買ってくれました。

まだまだ僕も甘やかしてしまうんです。

そんな甘々な親ですが、何か少しでも本人の目標をきちんと決めたうえでどうすれば目標達成できるかを明示してまずはやらせようと考え今は目標管理をするようになりました。

今回は子育てに関して少しでも参考になる話を書きます。

まず、誰もがわかってるように子供には何でも欲しいものを買い与えるのは絶対にいけない。おそらくお願いすれば何でも手に入ると思う子供になってしまうのではと思います。

ではどうするか、まずは中途半端な判断はしないこと。そして良いものは良い、悪いことは悪いとYESとNOをはっきりさせることが大切です。

そして何より子供のうちから目標管理をこちらでして目標達成できるように仕向けることが大事ではないかと考えます。

うちで行っているのはポイントカードを作って、目標達成したら1日1枚シールを貼って目標達成できたらプリキュアの洋服を買ってあげるという約束をしてます。

買おうと思えばいつでも買えます。

でも島田紳助が以前、本に書いているのを目にしたのですが親が子供が手に入れた喜びを奪ってはいけない、だから自分で手に入れる努力をさせるよう仕向けることと書いてました。

うちの子供はまだお金を貯めるということは難しいです。(本当は難しいとか言ってはいけなくてやらせてあげたほうがいい)

でも1日1膳でコツコツ目標達成できたらそれに対しての成功報酬を与える。

そうすることで目標達成する癖をつけたあげることができたら良いです。

1回の成功体験は癖になるんです。成功すればもう1回同じ体験を味わいたいと思うはずです。

そして目標達成する癖をつけていく。要するに勝ち癖をつけてあげることです。

勝てるようになればモチベーションが上がり、今度はこうしようとかここを変えてみようなど自分がやりたいこと、試したいことが次から次へ浮かぶはずです。

1勝の重みはそれだけ大きいのです。

0から1はどんなことでも難しいけど、1から2、10、100といくのは簡単とはよく言いましたね。